大人の出会い「不倫してみませんか」 地域別出会い「ラブラブメールでツーショット」
Google社の「PageRank」について

出会いサイト選びの基準として「PageRank」を見る

「PageRank」とは、Googleがサイトを評価する基準としてホームページにランク付けをした数値であり「10」〜「0」までの数字で表されています。

技術的なことは、Google の秘密 - PageRank 徹底解説で説明されていますので 、ここでの説明は割愛させていただきますが、出会い系サイトを選ぶ基準としては、「知名度の低いサイト」よりも「知名度の高いサイト」を利用したほうが出会える確率は高いはずですから、
その点でいえば、「ページランク」の数値はある程度サイト選びの目安になると思います。

また、サクラのみで運営されているポイント購入制の出会い系サイトに騙されないためにも、サイトの「ページランク」を知ることは、そのサイトの良否を判断する基準のひとつになることは言うまでもありません。

なお、数値のだいたいの目安としては、「1〜3」が標準的なサイトで、それよりも高い数字になるにつれて人気度の高いサイトだと言えます。 ちなみに、「ヤフーJapan」のページランクは「8」で、「楽天市場」が「7」となっています。

但し、この「ページランク」という基準も人が判断したものではなく「コンピューター」が判断した数値ですから、低いランクのサイトが一概に低レベルなサイトだとは言えないことは確かですが、高く評価されているサイトが「人気のあるサイト」だということはほぼ間違いがないようです。
逆に、当サイトのような「ランキングサイト」の順位は、上位のサイトが必ずしも優良なサイトだとは言い切れません。
それは、ランキングに参加しているサイトの管理人自身の投票の割合がどの程度占めているのかが見えにくいからです。 しかし、ランキングサイトの場合には「IN」のカウント数が「0」というような下位の出会いサイトは、確実に「人気のないサイト」です。 といいますか、サイトの管理人自身で一日に一回でも参加しているランキングサイトにアクセスすればランキングは上がるはずです。
それもしないのですから、あまりやる気が見えないとも言えるのではないでしょうか?

(管理人の独り言:かれこれもう10年以上サイトを運営してきましたが、他社のランキングサイトに登録した時には、毎日、自分の票を入れることは一日も欠かしたことはなかったですね。)

「Google ツールバー」をインストールすることで、閲覧しているサイトのページランクを確認できるようになります。

ポイント購入制の出会い系サイトについて

「ポイント購入制の出会い系サイト」というのは、本来「さくら」が利用者とメール交換をすることで儲けるという前提で作られていますので利用は避けたほうが無難です。